雨楽な家・爽 urac modern:sou

自然の恵みで爽やかに暮らす

「雨楽な家・爽」はシンプルな片流れのBOX。断熱材にこだわり、これまでの「雨楽な家」よりさらに軒を深く土間の窓を大きくとったパッシブデザインの家です。パッシブデザインとは太陽の光や熱、風など自然エネルギーを活用し、夏涼しく冬温かく快適に過ごすための設計手法。機械や電気に頼りすぎることなく一年中爽やかに暮らしたい。そんな思いを「爽」という文字に込めました。

雨楽な家・町家外観デザイン

外観・外構

シンプルな片流れのBOXスタイル。

深い軒と木の意匠が印象的。

シャープな片流れの屋根と黒いガルバリウムの外壁に深い軒やバルコニー、ウッドデッキの木のカラーが映えます。玄関から続くデッキスペースは子どもたちが遊び回るのにも最適のスペースです。

1階・内観

吹き抜けを見上げる開放的な土間と
光と風を招き入れる大きな窓。

吹き抜けの開放的な土間、南側には大きな窓。ここから室内に心地良い風と光を取り込みます。広がりを感じる大空間のリビング・ダイニング。北側には水廻りをスッキリまとめて外からの視線も気になりません。

雨楽な家・町家 中庭
雨楽な家・町家 中庭

2階・内観

勾配天井と空間を活用したロフト。

1階まで光を届けるバルコニー。

勾配天井の開放的な2階には大容量の収納スペースを確保。はしごで上るロフトは収納はもちろん趣味の小部屋にも使えそうな広さです。軒の深いバルコニーは夏は高い陽ざしを遮り、冬は吹き抜けを通して1階まで光を届けてくれます。

パッシブデザイン5つの要素

パッシブデザインの家は「断熱」「日射遮蔽」「通風」「昼光利用」「日射熱利用」を活用して快適な住環境を生み出します。

コンセプトプラン

■ 建物面積表

建築面積    63.00㎡(19.06坪)

1階床面積  53.00㎡(16.03坪)

2階床面積  46.37㎡(14.03坪)

延床面積    99.37㎡(30.06坪)

施工床面積 110.69㎡(33.57坪)

リビング&ダイニング

家族がいつも一緒にいられるワンルーム。機能的な家事動線を工夫しました。

 

土間

大きな窓から冬には陽ざしを、夏には風を取り込む開放的な吹抜スペース。

デッキ

日向ぼっこや夕涼み。深い軒は物干しやサービスヤードにも便利です。

フリースペース

家族の成長に合わせて間取りを変えられる可変空間です。

ロフト

収納あるいはパッシブエアコンの設備室として活用します。

オプション

パッシブエアコンをプラスしてさらに快適に!

●パッシブエアコンの特徴

小屋裏に設置した1台のエアコンで冬は床下から暖房、夏は天井から冷房します。建築と空調設備を一体計画して屋内の温熱環境を年中快適に維持します。

全館空調で快適

24時間稼働で

温度差を低減

省エネ低コスト

で電気代がお得

小屋裏設置で

屋内すっきり

室外機は1台でOK

夏は頭上から家中さらりとした心地よさ

冬は足元から家中ポカポカ

雨楽な家・町家外観デザイン
雨楽な家・町家 中庭
雨楽な家・町家 中庭
雨楽な家・町家外観デザイン
雨楽な家・町家 中庭
雨楽な家・町家 中庭
雨楽な家・町家外観デザイン
雨楽な家・町家 中庭
雨楽な家・町家 中庭
雨楽な家・町家外観デザイン
雨楽な家・町家 中庭
雨楽な家・町家 中庭
雨楽な家・町家外観デザイン
雨楽な家・町家 中庭
雨楽な家・町家 中庭